『天使のくれた時間』を観た

天使のくれた時間

13年前、恋人のケイト(ティア・レオーニ)と別れ、ロンドン留学に旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。その結果、13年後のジャックは、ニューヨークのウォール街で成功し、優雅な独身生活を満喫している人物となっていた。クリスマスイヴに立ち寄ったスーパーで関わった黒人青年キャッシュ(ドン・チードル)の不可思議な物言いに首を傾げながらも豪華な高層マンションの自宅で眠った。翌朝目を覚ますと彼はケイトと結婚し二児を抱える、タイヤ販売店の中間管理職になっていた…

「もしあの時、彼女を選んでいたら…」というお話。これは若い人よりも中年以降の人の方が
染みる部分はあるだろうな。あの子と別れてなかったら、あの子と結婚していたらどうなって
いたかなみたいな思いが頭を過るw 内容的にはぼちぼちって感じかな?
確定事項は覆られませんが、未来は作ることが出来ますよ的な普通のストーリー。

原題は”The Family Man”かw
なんか天使というにはちょっと違和感があったが、そういうことかw
まあ人を試しているのか、あれは。

子供達が良い子だったので、何ともしんみりとする部分もある(´・ω・`)


ジャック・キャンベル役のニコラス・ケイジはさすがに知ってて他の出演作も
観たことあるぜ(`・ω・´)と思ったが、「ナショナル・トレジャー」くらいだった。
他にも観たことあるような気がしたんだけどな…おかしいな。

ケイト・レイノルズ役のティア・レオーニもキャッシュ役の(ドン・チードル)も
よく知らないな。


今成功してるにしろ、失敗してるにしろ、家族が居るにしろ、独りにしろ、人生の
パートナーが関わるような分岐点を選択して通って来た中年以降の人向けかなぁ?